奥村資産管理事務所の金融経済ニュースレター

AI技術でがん早期発見制度が99%以上に

2017年01月31日


東京のAI開発ベンチャー、プリファード・
ネットワークスががんの早期発見制度を
現状の8割程度から99%以上に高める技術
を開発したと発表した模様です。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H6A_Y7A120C1NNE000/
“AI応用、がん早期発見精度99%以上に VBが技術開発”

これは凄いですね。

確かIBMのワトソンもがん診断において
人間の医者に比べより精確な診断が出来た
という記事がありますので、今後ますます
医療分野におけるAIの活躍が見られること
だと思います。

https://www.nytimes.com/2016/10/17/technology/ibm-is-counting-on-its-bet-on-watson-and-paying-big-money-for-it.html?_r=3
“IBM Is Counting on Its Bet on Watson, and Paying Big Money for It”

今後更なるディープラーニングにより
あらゆる分野の医療分野において苦しんで
いる患者が減っていくことを願いたいです。

近い将来、『長生きリスク』に備えた
情報がより出回りそうな気がしますね。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 投資, 社会