奥村資産管理事務所の金融経済ニュースレター

バス運転手が運転中にポケモンGO

2016年11月04日


両備バス関西カンパニー大阪支店の
41歳男性運転手が観光バスを運転中に
ポケモンGOを操作していた様子が
youtubeにアップされ、運転手が認めた
経緯があったことが明らかになりました

幸い事故は無かったみたいですが、
先日ポケモンGOを運転中にプレイしていた
男性が女性2人をはねたことによる全国初の
死亡事故への判決がありました
が、
非常に危ない行為だと思います。

ただどちらの場合も、ポケモンGOが
悪いというよりかは運転手のモラル
の問題だと思いますし、彼らのモラル
に頼るのだけではなく、法規制の整備や
システム的な制御等と言った対策が
必須になると思います。

歩行者が自動車にひかれての犠牲者は
年間1400人強いるとのことですが、
うち2割強が『ながらスマホ/携帯』が
原因ということになるので、年間約280名
もそれにより犠牲者が出ているという
ことになります

つまりポケモンGOのことばかりを
取り上げたところで不注意な運転手
による犠牲者を減らす為の抜本的解決
とはいかないという話になるので、
やはりここは進めていくべきは
自動運転車の普及をいち早く進めて
いくということが求められること
なのではないかと思います。

(ちなみに最も高い事故原因は
高齢者によるものですので、
自動運転技術の開発はそういう要因
も加味して考えるとより一層必要
になると考えられます。)

しかし、話は戻りますが上記の
ポケモンGOによる全国初の死亡事故
の実刑判決がわずか禁錮14ヶ月だけ
ってのも、なんかおかしくないか?
と思ってしまうのですが、殺された
側の親族の方はどう思ってるので
しょうかね、、、。

飲酒や猛スピードを出した場合と
と同じくらい故意犯に近いものだと
考えられるので、危険運転致死傷罪
として立件すべきだと思うのですがね、、。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 日々雑感, 社会


可能性高まるイタリアのユーロ離脱と移民難民問題

2016年11月02日


1年以内にイタリアがユーロ圏を離脱する
可能性が2012年6月の統計開始以来初めて
ギリシャを上回った模様です

今年はイギリスのEU離脱が大きな議論を
呼びましたが、その延長線上にある様な
ユーロ圏崩壊の火種がなおあらゆる地で
くすぶっているのでしょう。

もし仮に加盟国中でドイツ、フランスに
次ぐ経済規模を誇るイタリアがユーロ圏を
離脱するとなれば、その影響はかなりの
物になるでしょうし、楽観視できる状況
でありません。

このような状況を招いた原因の一つとして
考えられるのが移民難民問題です。

もう既に今のパリはかつてのものではなく、
そこら中の路上で難民が暮らしている
様子を映した動画がyoutubeで公開されています

(このような状況にあった中で、
シャルリー・エブド事件や去年11月の
テロ(もうあれから1年ですか、、)
が起こったのです。)

パリだけではなくヨーロッパ各国に
おいても同様であり、移民難民の上昇
と共に犯罪率も上昇しており、その様子を映した
動画がこれもyoutubeで公開されています

(言語は英語になります。)

メルケル独首相はこの事態について、
多文化主義を築こう、共存共栄して
行こうと言う取り組みは失敗した。
完全に失敗した
」と述べており、
自身が進めてきた政策が失敗であった
ことを認めています。

そうした中、スウェーデンで「スウェーデンを
我々の手の取り戻そう」と言うスローガンを
掲げる民主党が勢力を伸ばしており、
イタリアでも難民政策の失敗を理由にEU批判
を掲げる政治勢力が伸長しています

世代を跨いで取り組まなければならない
ような大きな問題が生まれたと感じますし、
民族間の溝を埋めるどころかより深める
方向に動いてしまい、ヨーロッパにおいて
そのベクトルが既に既定路線に入って
しまったのではと懸念しています。

歴史を振り返れば、ローマ帝国の終焉は
ゲルマン人(正確には強力な北アジアの
遊牧騎馬民族)の大移動がきっかけでした。

そうした状況下、目先の問題を解決する
為だけに『毎年20万人の移民受け入れを』
などと言っている日本政府は、成り行き次第では
日本においても数世代にも亘るような大きな
問題を残そうとしているようにしか思えませんね。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 世界情勢, 社会


ネットはスマホへ

2016年11月01日


イギリスの広告代理店の調査によると、
世界60ヶ国におけるネット利用の75%が
スマホと言ったモバイルによって占められて
いる、との予測を発表した模様です

確かに、個人的にパソコンを使用する時は
何か資料作成や文章を書く時だけな気がします。
(最近の大学生はスマホで卒論を作ると
聞いたのですが本当ですか!?驚きです。)

アマゾンで本を買う時でさえも、
基本スマホのKindleアプリで読んでいる
のですが、そうすると本棚を本で埋め尽くす
ことにならないですし、アマゾンプライムで
翌日配送といったことにも最近「遅いな〜」と
感じるようになって来てしまいました(汗)。

マーケティングという観点で見てみても、
もうWEBで集客する際にはスマホの力を
利用することは必須になって来ていますし、
ランディングページ等HP作成にはスマホ
にも特化した物でないと話にならなく
なって来ていると聞いています。

もうこうなると某大手通販サイト
のような左右バナーだらけこゴチャゴチャ
ページ作戦(あのページ構成自体、実際営業
で考えてみるとオススメしたい商品以外
にあれこれ同時にオススメしているような
もので、意味不明な感じがしますが、、)
はいよいよ本格的に通用しなくなると思います。

また最近旬の動画マーケティングも、
横長の動画と縦長の動画ですと、
縦長の動画の方がスマホユーザー
を相手にする場合9倍集客効果が
高くなるというデータもあるようです。

これからモバイル通信が5Gの時代に
なれば更にその度合いが強まることでしょう。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 日々雑感, 社会, 経済動向


かなり浸透して来たハロウィン文化

2016年10月31日


今日はハロウィンですね。

そんなハロウィンですが、ここ最近の
日本での盛り上がりは凄いですね!

NHKニュースでは、ハロウィンが持つ
サービスや商品等の市場規模がが
バレンタインデーに匹敵する1345億円
(前年比10%増)に上ると予測されており

クリスマスに次ぐ市場規模になった模様です。

バレンタインはお菓子に限られ、ハロウィンは
衣装等関連グッズも多彩であるという事も
考慮に入れても、この日本におけるハロウィンの
浸透度合いは凄まじいと言わざるを得ません。

背景には関東における恵方巻きが何故か
気づけば浸透しているという様な企業側の
努力もあると思いますが、他にも考えられるのが
・ディズニーリゾートやUSJによる教育
・FBやインスタ等のSNS文化の浸透
・ワイワイやる日本のお祭り文化と合う
・日本のサブカルチャー文化と合う
・バレンタインやクリスマスのような
恋愛イベントと違い友達とワイワイ出来て気軽
・モノからコトを求める時代へ移行した
・子供も大人も楽しめる
・外来イベントを飲み込む日本特有の文化的背景
・地域社会コミュニティイベント(祭り)の衰退

と言うところが考えられるのではと思います。

個人的にはこの寒くなる季節に
街の雰囲気がハロウィン→クリスマス
とほぼ途切れなく楽しいイベントが
「寒くなってきたな〜、、」と言う様な
ブルーな気分を紛らせてくれるので
嬉しいです(笑)。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 日々雑感, 社会


レジの未来

2016年10月28日


GUで導入されたセルフレジが凄いらしいです。

バーコードを読み取る機械が設置されて
おらず、箱の中にハンガーを外した商品を
入れるだけで瞬時に合計金額がモニターに
表示され、後はお金を投入するだけという
仕組みが出来ているみたいです

その瞬時に読み取ることができる秘密は
値札に添付されたICタグによるものらしく、
服を5枚入れても10枚入れても瞬時に
合計金額を算出してくれるとのことです。

この仕組みはGUのみならずコンビニにも
活用できれば一気に無人レジ化が進み
そうですね。

またICタグ活用によるコスト削減の
恩恵はレジだけではなく棚卸しに
おいても効果が期待できそうです。

またヤマダ電機ではPayPalの「PayPal Here」
を活用した「顔パス」支払いなんてことも実施
されており、店頭で財布を出さずに一瞬で
会計が済んでしまうという体験ができる模様です

将来的には多くの店舗でレジで精算せずに
商品を袋に入れてお店を出るだけで自動的に
スマホやApple Watchのようなウェアラブル
端末等で決済される仕組みになっている
かもしれませんね。

キャッシュレス化の波が進むにつれ
新しい形のレジが普及し、レジで並ぶ
という行為が世の中から少なくなって
いくことでしょう。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 社会


大統領選まで2週間を切りました

2016年10月27日


あっという間にアメリカ大統領選挙の
11月8日まであと2週間を切るという
タイミングになり、現時点でトランプ氏
クリントン氏どちらが勝つか?の予想では
後者の方がやや優勢という状況です。

そんな中でもクリントン氏の勝利へと
近づいたと思わせるニュースがあり、
共和党支持者の中でもクリントン氏が
勝利すると予想する人がトランプ氏を
抜いたというものです(クリントン氏:41%
トランプ氏:40%)

また政治専門サイトのまとめでは
538人の選挙人への調査によると
トランプ氏が勝利すると予想した人数が
126人であったことに対し、クリントン氏
が勝利すると予想した人数が272人と
大差を付けていることが明らかになっています

ですがこのような『調査結果』というものも
主催者によってバラつきがあり、過去3回の
大統領選の結果を当てたIBD/TIPPの最新世論調査
によると支持率がクリントン氏42%、トランプ氏
41%とほぼ互角です

またCNNの最新調査結果ではクリントン氏が
支持率49%であるのに対しトランプ氏が
44%とこちらもやや僅差というところです

(しかし、CNNでは共和党支持者の90%が
トランプ氏を支持すると言っているのに
冒頭の記事では全く異なった結果が出ていますね。
一体どの情報がちゃんとした本当の情報なのか
分からなくなりますね。。。)

しかし一般的に言って、トランプ氏の
女性問題への追及から現状クリントン氏の
優勢であることは大統領選まで2週間を
切った現在でも変わりはありません。

ですが、最近クリントン氏に近い団体が
FBI幹部の妻に5200万円を献金したという
事実が判明しています

その幹部がその後クリントン氏の私用
メール問題の捜査を監督する立場になり、
結局訴追せずという判断が下されたのですが、
裏にこういう流れがあったんだなと妙に納得しました。

このようなネガティブな新事実が
トランプ氏とクリントン氏共に次々と
発覚しているわけですが、一体この
大統領選挙はどういう結末を迎える
のでしょうかね。。

もう2週間も経てば結果が分かっている
のですが、一体どういう結果になるのか
最後まで目が離せませんね。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 世界情勢, 社会, 経済動向


コメ食べて花粉症治療?

2016年10月26日


先週末から風邪をひいてしまい、
昨日まで更新できずにいました。
今日からまた更新して参りますので、
よろしくお願いいたします。

さて、今日のニュースですがちょっと
気になったのが『スギ花粉成分入りの
コメを食べて花粉症の症状を治療する
臨床研究が始まった
』ということです。

これは元々花粉症の原因となる物質を
3〜5年かけて注射して症状を抑える
治療法があるのですが、それを注射では
なく遺伝子を組み替えた「花粉症緩和米」
食べることで体内の免疫機能を強化して
いくという狙いがあるようです。

確かに、注射を打ち続けるよりかは、
毎日食べられるお米にした方が治療が
楽に進むかもしれませんね。

ただ気になるのは価格ですが、それでも
通院してでも治したいという気持ちが
ある人にとっては朗報ではないかと思います。

また日本人のコメ離れが凄いことになって
いるという記事
も最近ありましたが、
農家の方にとってもその現象を食い止める
良いニュースになるのでは?と思いました。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 社会


高校の成績次第で給付型奨学金実施を検討

2016年10月21日


自民党が返済する必要がない給付型奨学金
を高校の成績が5段階中4以上である場合に
月3万円を給付する方向で文科省と調整を
始めた模様です。

昨日の記事にも教育に向け予算を
かけて欲しいということでしたが、
一応そういう方向としてみアリなのかな
と思ったのが第一印象です。

実際に米大学留学中でも(これは国では
なく民間による寄付のようなものでしたが)
成績が4段階中3.7以上の場合は給付金では
無かったですが学費免除がありましたので、
これも似たようなものだと感じました。

ですが、この上記ニュースの場合で
いきますと、高校だけではなく、
というかむしろ大学でこそ同じことを
やるべきなのではと思いました。

学費の為にバイト漬けになってしまい、
全然勉学に励むことが出来ない学生が
多く居るのではと思いますし、
貧困女子大学生が夜の水商売をして
学費や奨学金の返済に充てているという
話も聞きますし、奨学金破産をしてしまう
大学生もいると聞いています。

また、話は高校の成績次第による給付型
奨学金の付与になりますが、高校によって
全く優秀な成績を取得するための難易度が
違いますから、やや不公平感があるんじゃ
ないかと思いました。

ただやる気がある成績な生徒に対して
サポートをするという形は良いと思います。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 日々雑感, 社会


自己肯定感が低い日本の子供について

2016年10月20日


文部科学省は、日本の子供たちの自己肯定感が
諸外国に比べて低いという調査結果を受け、
学力や体力、家庭の収入等といった面がどう
子供の心理面に影響を及ぼすのかを分析する
検討チームの初会合を開いた模様です。

これは内閣府が平成25年度に行った
13歳〜29歳までの男女への調査結果が元と
なっており、日本がいかに他国に比べ
自己肯定感を持っていないかが比較できる
内容となっています。

この結果を詳しく見る前までは、日本人特有の
アンケート内容を控えめに答える傾向が出た
だけなのではと思ったのですが、
『日々満足している』や『自分には長所がある』
といった肯定的な回答は他国に比べ圧倒的に低い
のに対し、『日々がつまらない』や『悲しいと感じた』
と言ったネガティブな質問に対しては日本が
もっとも高い結果となっているため、そうでも
ないのかなと思いました。。。

また気づいた点としては、『将来への希望』に
対する質問なのですが、これが13歳〜29歳でも
20歳以降が10代に比べかなり低い数値が
出ていることです。

結果が29歳までしか出ていないということなので
分かりませんが、恐らく30歳以降もかなり
似たような傾向が出るんじゃないかと思いました。

それで思ったことが、親世代である大人達の
感情が子供に伝わってしまっている結果、
こういう事になっているのではと思いました。

ですからこう言った結果を受け、
いくら政府が子供向けに対策を打った
ところで、親世代の大人達が希望を持て
なければあまり根本的な解決には
ならないような気がします。
(ですがもっと教育に国の予算を
かけていくことは賛成です。)

ですが、こう言ったことに対し
問題意識を持って取り組むことは
良いことだと思うので、文科省が
分析検討し始めたという取り組みは
評価したいと思います。

より良い未来を皆で作っていきたいですね。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 日々雑感, 社会


AI時代は新たな覇権の幕開けに?その2

2016年10月19日


昨日の続きです。

この動きは『第4次産業革命』とも呼ばれ、
現在安倍内閣でも日本を世界的リーダーと
すべく成長戦略を発表しており、国として
次なる技術的覇権を握ろうと意欲を示しています

この産業革命というものですが、
これまでの産業革命の歴史を見て行けば
自ずと近現代史における覇権の歴史と重なります。

第一次産業革命は19世紀のイギリスで、
これは蒸気機関の発明により作業が
「人手」→「機械」でできるようになりました。

第二次は20世紀のアメリカです。
電力の発明により「大量生産」が可能になりました。

第三次は20世紀中盤から後半にかけて
これもアメリカ中心で広がりました。
ここではコンピュータが発明され、
指示通りに機械が「自動的」に
動くことが可能になりました。

そして第四次はAIの発展による機械が
自ら考えて動く「自律化」が進むことになります。

ということで、この土台ごと変えるような
技術革新の歴史は覇権の歴史とも言えます。

安倍総理も意気込みを表明していますが、
勿論他の国もこの次なる「覇権」を狙おうと
しのぎを削っています。

ですが残念ながら論文数では日本は
世界で10位でしかありません。

↓国別の人工知能の論文数(1995年〜2014年)
1位:米国   792件
2位:英国   247件
3位:スペイン 180件
4位:フランス 169件
5位:中国   166件
6位:カナダ  162件
6位:ドイツ  162件
8位:イタリア 143件
9位:豪州   118件
10位:日本   94件

この中でもダントツなのが米国です。

かなり前の段階から国として技術的な、
そして実質的な覇権を維持しようと
この分野に予算をかけて取り組んできた
ことが分かりますし、昨日紹介した記事にて
オバマ大統領により語られたAI時代の未来
についても、かなりアメリカが次も主導国
になるぞという意気込みを感じさせられます。

しかし残念なのが日本ですね。

単純に論文数で技術研究の進捗度合いに
ついて判断するなよ、最近日本人がノーベル賞
受賞しまくってるじゃないか?と言いたい
ところですが、現時点で日本は欧米や韓国、
中国と比べてAIに関する研究投資額が少ない
ことが現状であり、また大学研究員も時間が
取られる事務作業等をしなければならず、研究に
専念できる環境作りができていない模様です

勿論この普及の波を推し進める鍵は大学の
論文数だけではなく民間企業側における
研究開発も一翼を担うので、ここにも
頑張ってもらいたいところです。

このままでは第四次産業革命において
日本の立場は蚊帳の外の置かれる可能性
もゼロではないので。。

今後安倍内閣がこの分野にどれだけ
予算をかけられるかも肝になりそうです。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:世界情勢, 社会, 経済動向