奥村資産管理事務所の金融経済ニュースレター

AI時代は新たな覇権の幕開けに?その1

2016年10月18日


オバマ大統領とMITメディアラボ所長の
伊藤穰一氏が対談し、AI技術による
ハイスキル層への恩恵と低賃金労働者への
苦難の時代の訪れ、またそれを補うための
ベーシックインカムについて語られました。

最近駒澤大学経済学部教員の井上智洋氏著
人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊
と言う本を読んだのですが、AIの進化による
雇用の消滅は否定しようもなく近づいて
いると言うことが良く分かります。

それが人工知能が人間の能力を超える
ことを意味するシンギュラリティが起こる
2045年(本では2030〜2045年頃から)
から本格的に変革が浸透し
、医者や弁護士、
また金融業界と言った知的労働も人工知能
に取って代わられるとのことです。

そんな予感を少し感じさせられるのが
この動画です。機械がシェフの代わり
になる時代が近い将来くるかもしれません。
(本当にターミネーターみたいな時代
になりつつありますね。)

またディープラーニングにより開発された
囲碁ソフト「AlphaGo」が囲碁世界王者を
打ち破ったことも記憶に新しいですね。

ですがこのような技術が発達していく
ことにより避けられないのがこれまで
以上の中間層の消滅とよりハッキリとした
二極化された世界でしょうか。。。

ビジネス経営者としては、
コスト削減できるのなら人件費率を
下げて効率化を図りたいものなのです。

米マクドナルドでは店舗従業員の時給を
最低15ドルへ引き上げろという運動が
盛んになりましたが、その後に店舗従業員
のロボットへの置換を開始しています

辞めさせられた側の人間は転職すれば
いいではないかという話になりますが、
シンギュラリティに近づくごとに
肉体労働においても知的労働においても
AIに取って変わられることになり、
なかなか転職が上手くいかない人も
出て来ると思います。

そうした人がちゃんと食っていける
ように、と今ベーシックインカムが
世界的に議論されていますが、
良く出て来る月8万円という額では
どうやって暮らしていけばいいのでしょうか?
何処に住めばいいのでしょうかね?

ずっと医者や弁護士として頑張ってきた
人たちが、いきなり介護をやれと言われた
ところで上手く職業シフト出来るのでしょうか?
(介護ロボットも出来るかもしれませんね。)

仕事を生きがいにして生きてきた人は
何を生きがいにすれば良いのでしょうか?

考えるだけでもゾッとする社会が
来るような気がするのは僕だけでしょうか。

ここに第4次産業革命の弱点があると思います。

確かに生産数は物凄く増えるかもしれません。

ですが需要が追いつかないと思います。
むしろ大幅に減るのではないでしょうか。

普通に考えれば消費減→生産減→所得減
→消費減→生産減→所得減→消費減→
生産減、、、という感じでマイナスの
スパイラルに陥るような気がします。

ここはマクロ的に政策決定者サイドが
大いに腕を見せるべき時なのではと思います。

ですがいち個人として大いに変化が
求められる技術革新は待った無しで
迫ってきています。

2030年〜2045年なら、結構近いです。

いち労働者として、今後生き残るには
どうすればいいのか?という視点を
持つことがとても重要ではないかと思いました。

このテーマは明日も続きます。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:世界情勢, 日々雑感, 社会, 経済動向


激化する中国による挑発と鈍化する中国経済

2016年10月17日


今年4月から9月末までの航空自衛隊による
スクランブル(緊急発進)の回数は594回となり、
同時期として過去最多となった模様です。

毎日平均3回以上に計算になりますね…!

だいぶ中国による挑発がエスカレートしてますね。。

6月にはドッグファイト(格闘戦)に巻き込まれた
ということも報告されており、不測の事態がいつ
起きてもおかしくない状態が続いています。

また鹿児島沖の領海に中国軍艦が航行したこと
も発覚しており、着々と東シナでの活動を過激化
させ既成事実を重ねてきています。

また他にも警戒すべきは中国経済でしょうか。

どういうことかと言いますと、中国は輸出に
急ブレーキがかかっており、輸出と輸入を
合わせた9月の貿易総額がドルベースで
前年同月比6.6%減だったと発表しており

中国経済の先行き懸念が広がっています。

ちなみに輸出は前年同月比で10%減少
しており、この輸出の前年割れは6ヶ月
連続であり、減少幅が10%以上になる
のは7ヶ月ぶりとのことです。

輸出が減るということですので、
生産減からの中国国民の所得減・消費減
へと繋がるので中国国民の不満も結構
高まってきているのではと見受けられるので、
ここ最近の東シナ海での日本への挑発激化の
流れはここも要因(中国国民の不満のはけ口)
として考えられるのではと思います。

また資本流出も酷いことになっており、
昨年10月から今年8月までに人民元の
貿易決済が主因で元の純流出額が日本円
にして27兆4800億円相当に達した模様で、
中国からの資本流出はかなり深刻だと
ゴールドマン・サックスが警告しています

ということで、現状欧州(ドイツ銀行)
も次の危機を抱えていますが、何気に
すぐそこの中国も何かしら危ないものを
抱えている状態だと言えそうです。

心の準備と、できる対策は取って
おいた方が良いかもしれませんね。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 世界情勢


プラズマクラスターに増毛効果!?

2016年10月14日


なんとシャープが独自の空気清浄技術
「プラズマクラスター」に育毛効果が
確認されたと発表した模様です。

またまた面白い動きをしますね。

シャープは以前に蚊取り機能付き
空気清浄機を販売し世間からの
注目を集めましたが、この育毛効果の
方もある程度注目を集めそうな気がします。

もしその育毛効果が本当ならば、
この蚊取り空気清浄機もプラズマクラスター
機能付きだから、蚊取り機能で尚且つ
育毛効果もあるということは商品訴求力
に更に磨きがかかりそうですね。

「なんか詐欺みたい」という声も聞こえて
来そうですが、頭皮で悩みを持っている
人からすれば冗談ではなく食いつきそう
な気がして、売上への貢献度は高そうです。

また「薄毛に効くドライヤー」も登場
する模様で、育毛マーケットに対しがっつり
入っていこうという意思が見受けられます。
(こちらの記事にはより詳細な臨床結果が
記載されていますね。)

またプラズマクラスター搭載地下鉄も
大阪の地下鉄御堂筋線に搭載される
予定でもあり、他にも需要が出てくる
のではないかと感じさせられます。

今後シャープの育毛マーケットの
動向が気になりますね。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 社会


世界的に健康志向が進んでいる

2016年10月13日


WHOは11日に、糖分が多い清涼飲料水に
20%以上の課税をすれば、肥満や糖尿病を
減らせるとする報告を発表した模様です。

これはいいですね!

ついつい甘い飲み物は飲みたくなりますし、
実際にこれはある意味麻薬みたいなもの
なのではとも思っています。

実際にそんな風に課税しても効果は
あるのか?というところですが、
カリフォルニア州バークレーにて『ソーダ税』
が導入されたことにより低所得世帯による
清涼飲料の消費量が21%減少した事実があり

ある程度の効果が日本においても同様の効果が
見込めるのではないでしょうか。

勿論普段から炭酸飲料等糖分多めのもの
を飲まない人からすれば、たまに飲みたく
なる時に他人の価値観の押し付け的なこと
により変に割高な値段を支払わなければならない
ことに腹立たしく思う方もいらっると思います。

ですが個人的には身体に悪いものに課税する
ことにより消費を抑えようというコンセプト
には賛成ですし、社会全体からすれば健康的な
人が増え良いことなのではと思います。

ちなみに食事では40年前の1975年型
日本食の献立が肥満を抑制し糖尿病や
脂肪肝、認知症を予防し、寿命を延ばす
うえで最も健康に良いことが東北大学大学院
の実験により確認されています

(主菜と副菜を合わせて3品以上になり、
「煮る」「蒸す」「生」が中心の調理法)

ユネスコの世界無形文化遺産に「日本食」
が登録されたこともあり、日本を筆頭に
人口動態的に高齢化社会(主に先進国)
に対する世の中的な流れとして読み取れるのは
今後も加速するであろう健康志向です。

既に大戸屋はアメリカでは高級路線で
大反響している模様です

大戸屋みたいなチェーン展開とまでは
行かないまでも、まだまだ海外には
そういう意味で『昔ながらの普通の日本食』
をコンセプトにしたレストラン開業は
ビジネスチャンスとしてアリなのではと思います。

寿司屋でも何故か韓国人や中国人オーナー
によるが日本食レストラン(何回も色んな
ところでそういうところで食べましたが、
かなり微妙です、、海外の中華料理とか
韓国料理レストランは普通に美味しいのに、
彼らによる日本食レストランになると急に
味が落ちるのは何故だ?といつも思います)
市場でかなりの数を占めているので、
普通にちゃんとした味でちゃんと
マーケティングすれば参入する余地
はあると思うのですよね。。

すいません、最後少しボヤきが入りましたが、
世の中的な流れとしてはより健康志向へと
シフトチェンジしていくと思いますし、
お金のあるベビーブーマーが盛んにお金を
落としてくれる分野だとも思えますので、
ビジネス分野においても今後面白いサービスが
誕生するのではと期待できそうです。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 社会


続・通貨として扱われるビットコイン

2016年10月12日


先日『市民権を得つつある仮想通貨』という
記事にて他国に先んじてビットコインを通貨
として定義する動きが日本においておきている
ということを書きました。

その前回の記事ではビットコインに関して
法的にはG7に遅れをとっており、日本だけが
ビットコインが消費税の課税対象になっている
というものがあり、金融庁が課税されるのか
されないのかハッキリしてくれ!という内容
だったのですが、今回財務省と金融庁は
2017年春をメドに消費税をなくす方向で
調整に入ったということが報じられました。

確かにSuica等をチャージする際には
消費税がかからないので、今回決まった
ことは当然と言えば当然ですし、二重課税に
なってしまうので極めて妥当な判断ですよね。
(ビットコインの売却益に所得税がかかる
点は変わりません。)

思った以上に早く法的整備が進んでいますが、
世の中への普及率として充分達したと言える
普及度15%以降のアーリーマジョリティー層に
届くかが気になる点ですが(現在保有率は3.5%)、
ビットコイン普及のこれまでの流れはインターネット
のそれと酷似しているという話もあります。

(記事ではインターネットの普及が爆発的に
伸び始めたのが普及率3.3%だったので、
現在保有率3.5%のビットコインも今後同様
の動きが見られるかが気になりますね。)

そういう意味では、政府による手早い法整備
も納得が行く話に思えてきます。

また新たな動きがありましたら
お知らせします。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 社会, 経済動向


減り続ける農業人口から見る未来への転機

2016年10月11日


自民党の農林水産業骨太方針策定
プロジェクトチームが試算したところによると、
農業就業者数が2010年には219万人、
2025年には163万人、そして2050年には
108万人にまで減少すると発表しました

あと35年もすれば約半数ですか。。

人口動態の変化から来る影響から逃れ
られない日本ですが、これを改革のチャンス
と捉えて、ロボットに任せられる部分は
ロボットに任せて、民間企業による大規模化
を進めるしか無いように思えます。

実際にそのような兆しは見えてきており、
ロボットが牛の乳を絞り、また餌やりや
健康状態の管理、また糞の回収も行うこと
により15人分のパート雇用を節約できた
酪農家も居るみたいです。

ちなみにロボットは1台2500万円で、
記事中取り上げられていた酪農会社は
8台導入したようですね。(浮いた年間人件費
が1500万円なので、このコストをペイできる
か云々はどうなのでしょうか)

しかし、将来的にロボットIT化が進んだ農業や
酪農事業は、スマホやタブレットだけで管理
できてしまう時代が来るのでしょうかね。

また同じく将来ほとんどの酪農事業
が機械化したところで、『我が社は最後まで
丹念に人の手により生産しています!』と言った
アピールを富裕層向けに展開するビジネスオーナー
も出て来るのでしょうか。

いずれにせよ、人口減からのロボット化は
避けられない状況ですので、農業のみならず
これを機に改革を進め、生産性増へと繋げて
いけば願っています。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 社会, 経済動向


やっぱり経営はコツコツ

2016年10月06日


今日『ベイスターズを黒字化した男』という
記事を読んだのですが、そこで思ったこと
としてはやはりどんな企業・組織もトップが
変われば改革が出来るんだなと思いました。

昨日も天下り天国となっていたUSJの
トップが変わったことにより変革が起こり
大きな復活劇を遂げたことをご紹介しましたが、
まさに同じことが横浜ベイスターズに起こった
のだと思います。

ここでベイスターズとUSJを復活させた
両氏に共通することがやはりマーケティング的
思考のフレームワークを持っていたということです。

そしてそれらは全て一発逆転ホームラン狙い
なんかではなくて、マーケティングデータ等と
睨めっこしながら、あらゆることをコツコツと
試行錯誤させた末の実現できたことです。

勿論そういうのが無くても成功させられる
ような天才肌の人は居ると思いますが、
そういう人は格闘技で言うところ生まれつき
強い人であり、ほとんどの人が何かしらの
『型』を学んでコツコツ修練した末に
より高みへと到達出来るのだと思います。

あと僕にとって『コツコツの人』として
思い浮かぶのがイチロー選手でしょうか。

「確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへは
行けない」と発言されていますが、毎回この
言葉を目にする度にハッとさせられます。

50歳までプレーすると本気で思っている
ということですが、そう言う人だからこそ
常識的に不可能だと思えるような挑戦が
許されるのだと思います。

そう考えると経営においてV字回復を
果たすというのは一つの通過点だと思います。
(ですので、これからのUSJとベイスターズ
の経営においてもいよいよこれからが本番
だと考えられますね。見守りたいと思います。)

常に謙虚にコツコツが出来るからこそ、
一発花火では終わらない長期的発展が
望めるのだと思います。

そこで気をつけるべきことは
『努力の仕方』でしょうか。。。
(いくら努力しても芽が出ないお笑い
芸人の話とか聞くとそう思います。)

ここは僕自身今後のチャレンジだと思います。。

ですが、まだまだ乗り越えるべき
山が目の前に連なっていると考えると、
どこか嬉しくも思えます。

すいません、なんか全然ニュースっぽく
ない個人のブログみたいになりましたね。

明日から来週月曜まで個人的な都合で
このブログをお休みします。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:日々雑感


好調なUSJから思うこと

2016年10月05日


USJが3日に発表した今年度上半期の
入園者数が前年同期比7.7%増と、
過去最高だったと発表しました。

いやぁ、USJの快進撃は続きますね。
以前このブログでURLの好調ぶりについて
ディズニーと比較して書いた記事がありま
したが、その中でUSJを改革させた第一人者
である森岡毅氏についても言及しました。

今後USJは任天堂のエリアをハリーポッター
以上の投資額で東京五輪までに新設する
ということで、今後もUSJの快進撃に
期待できそうです。

さて、そんなUSJですが、過去は社長が
4代続けて大阪市OBが務める『天下り先』
であり、開業してすぐに冬の時代を迎えま
したが、米ユニバーサル社から社長を迎えた
ことを起点に、上記の森岡氏の改革もあり
今のような復活劇を遂げています。

こういう経緯を知ると、本当に天下りって
必要なくて、大半が民間に任せた方が
世の中が良くなっていくのでは無いかと
思えてきます。

天下りが如何に経済的損失を与えている
かはこちらの記事に記載されています。

(ただ天下り全部が悪であるとは思いません。
その道のプロであり人脈が豊富で優秀な人も
いると思いますし、そういう方は何かしら
そういう能力を必要とする民間企業へと勝手に
転職されることだと思うので、これについては
問題ないのではと思います。)

そんな中、東京都知事の小池百合子氏は
都庁役人による天下りを斬り込んでいく
のでは無いかと言われています。

是非とも、適切な形に是正して
頂けることを期待したいところです。

USJの快進撃のニュースを見て、
ふとこんなことを思いました。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 日々雑感, 社会


遂にエイズが不治の病ではなくなるかもしれません

2016年10月04日


なんとイギリスの共同研究チームが、
新たな治療法を用いることで男性患者の
血液からHIVウィルスを除去することに
成功したと発表した模様です。

既に死の病ではなくなっていますが、
不治の病と言われたエイズが遂に『単なる
感染症』に変わる日が来るかもしれないと
考えると、人類の力は偉大だな感じます。

凄いですね。
これ本当ならノーベル賞モノですね。

ノーベル賞と言えば、パーキンソン病
等の神経病の予防や治療に繋がる
「オートファジー」という細胞のゴミを
リサイクル仕組みを解明された大隈良典教授が
ノーベル医学・生理学賞を受賞されましたね。

また細胞のゴミがリサイクルできなくて
起こる最大の病気は難病アルツハイマーも
言えるので、今後もエイズの治療が進んだ
ように、この分野でも大きな発展を期待
したいところですね。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:ニュース, 社会


まだまだ続くドイツ銀行の受難

2016年10月02日


これまで2回に渡りドイツ銀行の危うさ
について記事にしてきました。

『次のリーマンはドイツ銀行?』
https://goo.gl/bPobqy
『続・次のリーマンはドイツ銀行?』
https://goo.gl/NjgFIh

これについてまだまだ危ない状況は
依然として続いています。

先日米司法省からドイツ銀行に対し
モーゲージ担保証券の不正販売から
最大140億ドルから54億ドルに大幅に
削減することで合意が続いているという
報道がありました。

まあ経営危機的状況が続き、株価も
年初来で1/3にまで下がってしまい、
レバレッジが世界の大手6金融機関
の24倍に比べ47倍と
、財政規律的にも
非常に良く無い中、払えない罰金でドイツ銀行
を潰してしまったら意味が無いですからね。。

ドイツ銀行株価推移

更にフォルクスワーゲン(VW)の罰金もあります

これは買った人だけでなくVWが公表した
データを信じて販売していたディーラーから
の訴えもあり
、且つ米国のみならず世界中で
損失補填をしろという裁判が起きているので
まだまだ賠償金額における出血の拡大は今後
も広がりを見せそうです。

そして噂されているのがリーマンショック
を遥かに超える悲劇の第二幕がドイツ銀行発
で近いうちに起こるのでは無いか?
というものです。

かなりおどろおどろしい話になって
しまいましたが、今後もドイツ銀行の
経営問題には要注視です。

奥村資産管理事務所


カテゴリー:世界情勢, 投資, 経済動向